温熱環境

結露が発生したために、調査をすることにしました。

考えられる原因は、4つあります。

1.冬に入居したために木が乾燥しきっていない。

2.床暖房を体感したいがために、長時間床暖房を入れてしまった。

→1・2階合計で4時間入れていたが、それは多いため、2時間としてもらった。以降結露は発生していない。

3.入居後に、キッチン壁のスライスレンガを施工したために、目地のモルタルがまだ乾いていない。

→おそらく、完全に乾くまでに1ヶ月以上かかると思われる。

4.結露が多く発生した時があったが、それは洗濯物を室内に2回干したためと思われる。

上記2に記載したとおり、現在AB邸は結露が発生していません。

しかし結露が発生しない(ゼロではないが)、と言っているダンハウスとしては由々しき事態ですので、原因究明のため、モデルハウスであるIW邸(社長自宅)と比較する形でデータ収集(24時間の温度、湿度)を始めます。

AB邸1F寝室、2Fリビング、IW邸2Fリビングの3ヵ所

以下温湿度計測紙の画像

20120202_095613

20120202_095626

|

完成・・・・まであと少し

久方振りの更新です。

実はすでにAB邸オーナーは引っ越してきてAB邸に住んでいます。

室内はほぼ完了しているのですが、外構があと少し残っている状態です。

Dsc00280

Dsc00142

Dsc00134_2

Dsc00259_3

Dsc00276_3

Dsc00310_3

|

外観

足場が外れたのでAB邸の外観が見ることができるようになりました。

土地の形状上、土地の奥に向かって長いお家となってます。

ボリューム感もありますね!

Img_4326

Img_4329

|

«内装・外壁